上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み合いとは相手の先の行動を予測し、それに対処できるよう行動する事ッ!
同格の技量の者同士が衝突した時に発生し、知識は勿論野生の感、相手の心理状況等の不確定要素までも考慮しなければならないッ!


ここからはポケモンの話

6→3の対戦だと運ゲーだとかじゃんけんゲーだとか嫌われてる所をよく見ますが一理あるんじゃないかなー

表情の見えない相手の行動の規則性、読み合いのフィールドに上がれる最低限の知識や力量を持っているかを、3vs3で、それも数回の交わりで見極めるのはなかなか難しいものかとね

見せ合い6→3でも見せ合い時に色々と試行錯誤しないといけないので、読み合いに関しての条件は変わらないという人もいるみたいだけど

フルバトルは単純に6匹戦闘に参加できるため、カードの伏せれる枚数が多いからトレーナーの力量が問われるって事なのだろうか・・・?



そんな読み合いをビートダウンで強引に殴り伏せる事ができるのがバトンタッチッ!
\上手く行ったらハイタッチ!/
リスキーだけどその突破力はピカイチな訳ですよ!
男ならそりゃあ惚れます、ポケモンはパワーだぜ!

と言う訳で後攻バトン要員を1匹は育成しておこうかなーと思って今厳選してる所なんですが、どうもリスクが高すぎると感じてるのか実用性があるのか不安を感じてまして


バトンポケ

ハッサム@くろいてっきゅう
性格:しんちょう HD252 A6
バトンタッチ/こうそくいどう/なげつける/とんぼがえり?

受ける側
リングマ@どくどくだま
からげんき/インファイト/かみくだく/あくびor守るor攻撃技


・高速移動を積んでも2度後手を取らなければならない
最大の問題はこれ
つるぎのまいと違いハッサムの高速移動に抑止力効果は低いと思われます。
それにいくら抵抗力が大きいハッサムさんといえど交代後炎技をぶっぱされて耐えられるのか?


・・・・うがあああああああああああああああああ!!!考え始めるとキリが無いよう><
う~む、やはり高速移動を後手で回すってのは苦しいんだろうか
スポンサーサイト
ものひろい回収中に初の色違いゲットしたよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
いやっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおう!



201102050419000.jpg



御覧の通り、ヤブクロンでした( ´・ω・`)
スカイブルーなさわやかな色ですね!
ゴミですが

なんつーかあれですね
指定されたごみ袋で投機するのが義務の地域で、ごみ袋代をケチった無法者が置いていったごみに対して清掃業者の抱いた怒りの感情混じってそうな感じといいますか?

正直な所、コイツは余り好きなポケモンではないですね
家庭の廃棄物を好きになれる程心は綺麗じゃないですよ俺は!


個体詳細

ダストダス(むじゃき) H:8-9 A:16-17 B:15-16 C:31 D:0-1 S:17-18
NN:ズガボル
CS252 D6
どくびし/アシッドボム/だいばくはつ/きあいだま?


耐久が死んでるので襷持たせてCS全振りでいいかな、と
きあいだまは怖いほど安定しないから変更するかもしれないですね
毒タイプのくせに特殊技のレパートリーが貧相なのでアシットボムとのシナジーがイマイチという・・・
しっと!トランスポーターが始まっちまう!
しかし先程ローブシン厳選が終わって次のポケモンの厳選環境が整ってない!
あぁそうだローブシンの持ちものどうしようまだ決めてなかった。


うーん・・・そうだ、たまにはボランティア活動をしようじゃないか!
明確な目的が無くてもいいよね!
色々便利なアイテムが手に入るから時間の浪費って訳じゃないし!

16番道路クリーン作戦の開始である。
※地ならし的な意味ではない


今回作業を依頼した掃除屋達
俺の一声で4世代目からも精鋭のスイーパー達が駆けつけてくれました!
頼もしい限りだぜ!ひゃっほう!

特性ものひろい:1割の確率で道具を拾う
エテボース/ぬし Lv60
エテボース/あいだぼ Lv51
マッスグマ/ドナさん Lv51
パチリス/めーらー Lv42
ヒメグマ/ヒメグマ Lv41
ヨーデリー/カーク Lv41


試行時間1時間(洋画視聴途中でダレた)
エンカウント回数86回
【成果】
拾得物
あなぬけのひも@9
なんでもなおし@5
虫よけスプレー@4
たいようのいし@3
げんきのかけら@7
すごいきずぐすり@6
ふしぎなあめ@5
ハイパーボール@7
ハートのウロコ
つきのいし

STILL
くろいヘドロ@3

合計51

こんなにも集まりました!持ち主が見つからないようなので全て懐に納めさせて頂きますね^^
由緒正しきトレーナーの諸君は道端にごみを捨てるような行為はやめようね


しかし結局目的の黒い鉄球(1%)を拾ってこなかったな俺は時間の浪費という行為が大嫌
~ラストダンジョンにて~

ディティクターを手に入れたッ!

俺「・・・・^q^」


※ディティクターとはッ!
フロア内の隠された道やアイテムを探知する探索アイテムであるッ!

つまり今まで歩んできたダンジョンを最初から全て回れと言う事らしい
ふざけるな


と、大晦日辺りはスーパーぼっちタイムだったので特番を見ながらもWA4を全力で進めていた俺でしたッ!
そして今日無事ゲームクリアしましたよ

WA4のラギュ夫さんと一戦交える気満々で林檎のLvをカンストさせてはLv1に戻しとシェリフスターを必死に作製←これ結構大変
していたのは良いんだけど、一週目アルタコードFのデータ引き継ぎ無しじゃ戦えない事が判明した


うおおおおおおおおッ!俺には、俺には戦う事さえも許されていないのか・・・・!答えろ!答えろォ―――ッ!


まぁ4thのラギュ夫は相当強いらしいですけどね・・・
どうやら全員シェリフ持ち必須らしい
1~3は火耐性とレベルさえあればなんとか勝てたのに><


周回プレイ前提等こういったやり方で厚みを増しているWA4ですが、それなりに面白かったです。
主人公の少年ジュードが様々な大人と関わりどう考えどう行動するか、っと行った正当派ストーリーですね
2ndで英雄を強調しているように、今作では大人や子供のキーワードが強調されています。


ただ気になった点は

・フィールド:アクセラレイターの疾走感の無さ
・双六式の移動選択で荒野を走れない
・技エフェクト、ポリゴンの微妙さ
・中盤の詰め込み急ピッチ
・ARMがなかなかいじれなくてじれったい
・本棚等の読み物が少ない、と言うかテキスト量が全体に少ないような
・林檎ゲー

こんなもんですか
荒廃したアウトフィールドを駆け巡るのはワイルドアームズの良さの一つだと楽しみにしていたのもあり非常に残念でした。
開発期間と経費が大幅に削減されたとそこらで聞きますがどうなんでしょうねー
中盤を見ていると凄く圧縮された感は確かにありますが・・・
大人達の行動をこの目で見て子供達がどう思いどう感化されていくかがテーマなのに大人の都合で未完成品になったとはなんと皮肉な事でしょう

WA4は林檎ゲーってよく耳にしましたが本当にそうでした。
隠しボスたる封印獣達を通常攻撃1発で屠る林檎さん鬼神やで><

最強武器にハイパー(攻撃二倍)を掛けてた状態でしたが、一撃はさすがに笑うしかないですね
その上FP25消費で発動できるイントルード(2回行動可能技)でもう止まりませんよ勝つまでは!

「疾風怒濤に畳みかけようッ!」(イントルード)
「斬り伏せるッ!」(アタック)
「動きは流水の如く、絶え間なく・・・」(イントルード)
「はああッ!」(アタック)
「そこまでッ!」(アタック)
「ただ、力で征しただけだ。誇るようなことではない」(勝利ッ!!!)

※ファンブックのイントルード説明欄コメント参照

林檎△


こんな愚痴ばっかりいってますが話はなかなか熱いです
ジュードがアクセラレイターを使うシーンは大体熱いッ!
言葉の紡ぎ方は腐ってもワイルドアームズといいますか

特にこのシーンは特に印象的でした




「右銃に6発、左銃に6発ッ!合わせて12発の弾丸が行く手をさえぎるたか~い壁だッ!
お前達の意地を俺の向こうに通したければ、号砲12発を迎え、なお経ってからだッ! 」

ワイルドアームズ4、ヤバくない?
※この記事及びタイトルは『』板で開催中の小規模なポケモンの対戦会ッ!
 一部じゃ新規組の反乱と言われているあの大会です。

これほど超個人的な大会タイトルは初めてだろうよ
反感が一つも来ない所を見るとさすが言うか些細な事には気にしない器のビックな参加者が多かったと言う事だろうな^^

えー俺も一応参加はしてたんですが、下記の事情により棄権という形になってしまったのです( ´・ω・`)
参加者及び対戦した相手、これから対戦予定だった相手共に大会全体が盛り下がるような事態になってしまった事を反省しております。


ま、どうせだから振り返りの事も考えて出場時の詳細を記しておくとしよう

プレイヤー名 てんがろん
職業:ポケモンレンジャー時々やまオトコ
性格:なまいき
「その イカサマ は
おままごと なんじゃない?」

んじゃあ俺の分身てんがろんと共に第五世代を絶賛開拓中の戦友を紹介するぜ!

キリキザン/ギロ
特性:まけんき@あくのジュエル
かわらわり/アイアンヘッド/ふいうち/つるぎのまい

バルジーナ/シロップ
特性:ぼうじん@たべのこし
あくのはどう/ちょうはつ/はねやすめ/わるだくみ

カバルドン/どんけつ
特性:すなあらし@ゴツゴツメット
ストーンエッジ/じしん/なまける/のろい

ノクタス/ハイローウ
特性:すながくれ@きあいのタスキ
ふいうち/タネマシンガン/きあいだま/カウンター

ドリュウズ/ガンツァー
特性:すなかき@いのちのたま
つばめがえし/いわなだれ/じしん/つるぎのまい

バッフロン/テキサス
特性:そうしょく@ノーマルジュエル
アフロブレイク/リベンジ/ストーンエッジ/メガホーン


まーこんな所ですね
折角の5世代ROMでの対戦なのでイッシュポケを多めに入れてみました。
NNの半分は閃き半分は元ネタありだがどうでもいい事だぜ!
どうでもいいついでに連撃を畳掛けると西部開拓時代をイメージしたPTだったりするんだぜ?

ランダムフリーなんかでも使用してた感覚だと、ついついドリュウズのビートダウンに頼ってしまう所が悪い所かな。
はたして俺は各ケースに置いて的確に使用ポケモンを判断し、全ての手持ちに活躍の場を与える事が出来るトレーナーになる事ができるのだろうか・・・(遠目

まーこのまま対戦相手のハナタレさんと闘っていた場合は恐らk―――ちょっと味見おっと丸のみッ!
まだ開催中なので自分のデータのみの晒しにとどめておかないとな><

参加者の奴らの勝利への執着をせいぜい観客席から眺めさせてもらうとしよう
じゃあな!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。